食生活から見直してみよう!?aga対策のための食事


agaと食生活の関係とは

成人男性の90パーセント以上は悩んでいるとされているaga(男性型脱毛症)の原因は様々ありますが、食事は大きなかかわりがあるとされています。agaの原因として知られているものが、男性ホルモンの増加とストレスです。男性ホルモンは健常な人でもありますが、毛を抜けやすくする作用があり、大量に分泌されると薄毛になってしまいます。男性ホルモン大量分泌の原因は自律神経の乱れともいわれており、自律神経の乱れはストレスが一因です。そしてストレスをためる原因のひとつが乱れた食生活ということです。

agaに悪影響を与える食事

agaに悪影響を与える食事は、食生活と食事内容の両方であります。食事の時間が安定しないことや深夜の食事をすること、そして暴飲暴食を繰り返すことは体にとって大きなストレスとなり、agaの症状を進めてしまうでしょう。食事内容としても、脂っぽいメニューに偏った食事を続けていると、血流が悪くなります。血流が悪くなると、頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、薄毛となってしまいます。偏った食事は、内蔵機能を弱らせることにもつながり、髪の栄養となる食事の分解を妨げる可能性もあります。そのため、これらの食事はできるだけ避けるべきでしょう。

aga改善を目指すための食事

agaの症状改善を目指すのならば、食生活の乱れを改善させるとともに、髪の栄養となる食事を積極的にとることが必要です。髪の成分であるたんぱく質、たんぱく質を作るために必要となる亜鉛、そして血流を促進させる効果のあるビタミンを積極的にとるとよいとされています。

agaは男性型脱毛症の略称ですが、女性でもagaになることがあります。それぞれ最適な治療方法が異なるので、agaを千葉の医療機関で治そうとする際は男性患者と女性患者のどちらに特化しているかの確認が必須です。