agaの対策方法と効果が出るまでの期間はどれくらい?


agaの対策方法はこれ!

agaは男性型脱毛症とも呼ばれている通り、思春期以降の男性で発症する脱毛症です。前頭部がM字型に薄くなったり、頭頂部がかっぱのように薄くなったりします。テレビコマーシャルなどでもよく流れていますが、このagaという脱毛症はクリニックで治療することが可能です。男性ホルモンが還元酵素の働きにより抜け毛を引き起こす悪玉の男性ホルモンに変化することでこの脱毛症は発症します。対策方法としてはクリニックで処方される還元酵素阻害剤を服用することです。この薬を飲むことによって、乱れていたヘアサイクルが正常になり髪がきちんと太く強く成長するようになります。

まずは半年様子を見て

agaが気になっており、治療を開始した人であれば効果がどれくらいで出てくるものなのか気になるところでしょう。agaの治療効果は、個人差も大きく早い人では薬の服用を開始してから1ヶ月程度で効果を実感したという人もいます。ただ、一般的には薬を服用してから半年は様子を見るというのが基本です。半年で50%以上の人に効果が出て、1年服用を継続すると70%以上の人に効果が出ると言われており、3年服用を継続すると98%の人に何らかの効果があるとされています。まずは最低半年は服用を継続することが大切です。

効果を最大限にするためには治療を併用

治療効果を最大限に引き出すためには薬の服用だけではなく、外用薬による治療を併用するのが効果的です。内服薬は抜け毛を止める効果があるものですが、外用薬は髪を生やす効果があるものです。併用することによって相乗効果が期待できます。

agaを札幌で治療するクリニックでは、随時スタッフを募集しています。応募にはaga治療のための専門資格が必要です。