髪の毛は血のあまり!?育毛剤に頼らないインナーケアとは


血液の健康と深いかかわりがある髪の毛

血には私たちが生きるために必要な栄養がたくさん含まれており、全身をめぐって各器官や細胞のすみずみに栄養を届けます。ただ、人間にとって髪の毛というのは生きるために必ずしも必要になるものではないため、栄養供給は後回しになるのです。そのため、髪の毛は血余と呼ばれています。コシのある元気な髪の毛を育てるためには、血液量を増やし、血流を良くして頭皮の隅々まで栄養を行き渡らせることが大切です。健康的な生活を心がけることが、結果的にagaを対策し、薄毛にならないようになるために重要です。

内側の体質改善をすることで髪は元気になる

agaとは、毛周期を狂わせて髪の毛の成長期間を短くさせる脱毛症ですが、体質を改善することにより、乱れてしまった状態のヘアサイクルを整えることができます。aga対策をするためには、まず血を補うことが大切です。葉物野菜に存在するクロロフィルを摂取することにより、体内でヘモグロビンに変化し、造血作用をもたらします。そのため、血を作るために緑の食べ物をたくさん食べるようにしましょう。

血を増やしたり、血の流れを良くしたりするだけでなく、育毛に必要な栄養分を摂取することもaga対策として重要です。髪の毛はたんぱく質でできているため、たんぱく質をしっかり摂る食事を意識しましょう。他に髪の毛を作ることに関与している栄養分に、ビタミン類、亜鉛、アミノ酸などがあります。毎日の食事の中で、バランスよくこれらの栄養素が含まれた食材を食べることで、髪の毛は元気になっていきます。他にも、定期的な運動を心がけたり、質の良い睡眠を意識したりし、体質改善を成功させることにより、健康な髪を育てる環境が整っていくでしょう。

男性型脱毛症の症状でお悩みの方は、ぜひagaを仙台で治療することをお勧めします。その理由は名医が多いからです。