簡単にできる!切開しない豊胸手術について


切開しなくても豊胸手術ができる

豊胸手術といえば、脂肪吸引をして胸に脂肪を注入したり、シリコンバッグを入れてバストアップするというイメージがあります。しかし、これらの方法は体に負担がかかってしまう、切開することによって傷跡が残ってしまうなどのデメリットやリスクが考えられます。手術をするということ自体、抵抗を感じてしまう人も多いです。抵抗を感じてしまうという人には、切開しなくてもできる豊胸手術がオススメとなります。切開をしなくても注射をするだけで、バストアップすることのできる方法があるため、それを知っておくと自分が豊胸手術したい時に選びやすいとされています。選ぶ時には、メリットだけではなくデメリットも考慮して選ぶことがポイントです。

切開しない豊胸手術の種類

最も簡単な切開しない豊胸手術として人気なのが、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸を注射で注入することによって、形や大きさを整えてバストアップさせる方法になります。メスを使って切開することもなく、体に傷跡が残らないというメリットがあります。また、体に存在する成分ですので、安全性が高いのも魅力です。もう一つ、切開しない豊胸手術として注目されているのが、アクアリフトです。これは98%が水分でできた薬剤を胸に注入することでバストアップする方法です。ヒアルロン酸注入よりも持続期間が長く、水分でできているため触感が柔らかく自然なバストアップができます。ただし、これらの方法は大きくバストアップするのが難しいというデメリットもあるため注意が必要です。

胸が小さくて悩んでいる人は、豊胸手術で決まりです。理想通りのふくよかな胸を手に入れることができて、満足できます。